Formatter - Rubocop

SOULs では Rubocop を Formatter として使用し、できる限りのコードを Ruby スタイルガイド に合わせてフォーマットをしています。

Formatter - Rubocop

Ruby Style Guide

https://github.com/rubocop/ruby-style-guide

Rubocop

https://github.com/rubocop/rubocop

rubocop

VScode による自動フォーマット

プログラミングは、あらゆるアプローチから同じ目的を達成するコードを書くことができます。

しかし、チームで開発を行う際に、個々で書き方がバラバラになってしまうことはよくありません。

チームでプロジェクトを進めるには、コードの書き方を統一することは非常に重要になります。

SOULs フレームワークではデフォルトで .rubocop.yml を読み込んで整形するため、自動でコードが統一されます。

Rubocop の実行

souls test コマンドでは rubocop -A と bundle exec rspec を順番に行っています。 アプリケーションの開発途中に、気が付かないタイプミスが入らないような環境設定に整えます。

$ souls test

すべてのテストを実行する

--all オプションを指定することで、

rubocopsteep checkrspec

3 つのテストを行います。

souls test --all

コマンドでアプリが常にクリーンである状態を保ちましょう。

また、不意のバグが紛れ込んだときもテストでアラートを出して即座に察知できる状態で進んで行きましょう。