型チェック - RBS/Steep

SOULs フレームワークでは Ruby 3.0 から登場した RBS/Steep の型チェックと共に開発を進めます。

Ruby の 型チェック

SOULs フレームワークでは Ruby 3.0 から登場した RBS/Steep を採用しています。

これにより、タイプミスやカラムの型違いなど、

一般的に多発するミスに即座に気づける開発環境になります。

rbs

アプリケーションが成熟していくと、

「新機能を追加している時間」

よりも、

「バグを探している時間」

の方が大きくなってしまうことがあります。

即座にバグを発見し、デバッグできる環境で進みましょう。

Steep の実行

Steep を起動します。 マザーディレクトリで steep check が実行されます。

$ souls check